剣道

剣道の防具をインターネットサイトで買う場合

仕立てる際のこだわり

試合

俊敏な動きが求められる剣道では自分の体に合った防具を着ることで負荷を減らすことができます。防具とは身体も守ってくれるものなのでサイズが合っていないと衝撃を逃すことや守りの動きを取りづらくなってしまいます。そのため、常に合ったサイズのものを着ることが大事です。防具を仕立てるときはいくつかの点を基準にサイズを測ります。剣道は他の道着やユニフォームと違い部分ごとにパーツが分かれているので、それぞれの部分を測る必要があります。サイズ計測時にはまず身長と体重で全体のバランスを見ます。その後に頭のサイズと形、手のサイズ、胴回りを測りますが、現在使っているものがある場合はそのサイズが合っているかなども見ます。
剣道の面金の上から6~7番目の間を物見と言いますが、この間隔や高さが合っていないと視野が狭くなってしまうので測り直さないといけません。オーダーメイドで作るときに自分だけのこだわりをしっかり入れることで、サイズ以外でも納得のいくものを作りましょう。防具でこだわりたい点として、一番は布団です。剣道では衝撃を吸収してくれる部分が大切なので薄くて見た目の良いものよりもしっかりとクッション生地を使いながらも1針1針縫われた手刺しの方が良いかも知れません。縫い方や使われている素材以外にも、刺繍にこだわりを持っているなど色々なお店を探してみると良いでしょう。インターネットサイトではお店の紹介が詳しく載っているので新しいデザインやサービスも比較しやすくなっています。